プラントフォワード
2024年に参加しよう!
持続可能な未来は植物と ともに

英語

中国

日本

韓国

プラント・フォワードは、この種としては世界で唯一、アジア地域を対象としたキャンペーンです。

私達の使命:アジアに住む40億人の消費者に、持続可能なライフスタイルの変化をもたらすプラントベースの革命を巻き起こすことです。私たちと一緒に、思いやりのある選択の種を蒔くために参加してください。共に、動物の苦しみに終止符を打ち、気候変動と戦い、そして私たちの未来を守りましょう。

あなたもこのムーブメントの一員になりませんか?

2023年に私たちが与えた影響

11

CCN(Compassionate Choices Network)に加盟する11の団体

9

9つのアジアの国々

50

50のパートナー企業およびパートナー団体

1,600

1,600人の個人が行動を起こしました

1,200万回

SNSの閲覧数1,200万回

5

5言語:英語、中国語、日本語、韓国語、インドネシア語

15,000

15,000人のが、7つのライブストリームイベントをライブ視聴しました

25,000

25,000回の録画ビデオの再生

10日間チャレンジ: 

一日一食、プラントベースの食事に切り替える

動物を救い、カーボンフットプリントを削減し、健康状態を改善しましょう!

  • 900人が申し込みました
  • 5つの国で展開
  • ダウンロードできるレシピは150品

レシピ本

アジア中から集めた30種類の素敵なプラントベース料理のレシピを掲載した、ここでしか手に入らない#PlantForward23 レシピブックを手に入れましょう。今すぐダウンロードしましょう!

"*" indicates required fields

Name*

レシピ本

アジア中から集めた30種類の素敵なプラントベース料理のレシピを掲載した、ここでしか手に入らない#PlantForward23 レシピブックを手に入れましょう。今すぐダウンロードしましょう!

今年、Plant Forward は 7 つのライブストリーム イベントを主催しました:

中国

中国のOatly社のサステナビリティ・ディレクターであるクロエ・リンと、PBIF Global Plant-Based Carbon Neutral Industryの創設者であるビン・チェン博士がプラントフォワードに参加し、アジアの地域サステナビリティ戦略の背後にあるインスピレーションについて話し合います。

中国

HonaオーガニックスのビジネスディレクターであるYanli Kang氏と、A-Junシェフが、プラントベースのオーガニック調味料の世界を追求し、アジアン風味と栄養素の完璧なバランスを解き明かします!

フィリピン

フィリピンのヨハン・キム・マネズ先生から、プラントベースの食事とライフスタイルの変化で、心臓病などの慢性疾患を治療し、回復させる方法を教えてもらいます。

韓国

韓国食品プロモーション機関と、そのシェフ・チームは、最高の韓国料理と健康へのメリットを共有してくれます。このクラスでは、チュソク(韓国の感謝祭)に食べる伝統的な餅「ソンピョン」を作ります。

インド

インドのラクシュミ・スンダル先生は、ホールフード、プラントベースの食事で糖尿病を効果的に治療する方法についてレクチャーしてもらいます。

日本

日本からは、今年も料理家のナナさんが参加し、「大豆の魔法」マスタークラスで味噌を使った食欲をそそるプラントベースのレシピを披露してくれます。

インドネシア

インドネシア出身のエコレンジャー、ディマス・テグ・プラセティオは、プラントフォワードと共に世界フードロス・ウェイストデー(9月29日)を祝います!食品廃棄物の削減がいかに地域社会に力を与え、地球を救うことにつながるかを学びましょう。

国ごとのイベント

中国

Shenzhen Plant Forward Culinary Experience & Compassionate Choices Exhibition(深セン プラントフォワード料理体験&思いやりの選択): 主催は ACTAsia と Good Food Fund.。

インド

Plant Forward potlucks(プラントフォワード ポットラック): ベンガルール、デリー、アフマダーバード、ムンバイにて。主催は SHARAN。

韓国

Plant Forward promotional sales event(プラント・フォワードのプロモーション・セールス・イベント): 認定ヴィーガンフード、および日用品の販売イベント。主催は KVCS。

インドネシア

Zero Food Waste(ゼロ フード ウェイスト): International Day of Food Loss and Waste の協力のもと、主催は Greeneration Foundation。

参加者からの声

「10日間のプラントベース(ベジタリアン)フードチャレンジは楽しかったです。これからも日々の食事で野菜の量を増やし、そして色々なプラントベースの素材や料理法のことを考えていこうと思います。有意義なチャレンジの機会をくださってありがとうございます」

「私は毎日ランニングをしているので、毎食、お肉や卵を食べる習慣があります。今回の10日間チャレンジに参加してみて、プラントベースの食事はおいしいだけでなく、自分の体にも、環境のためにも良いのだということに気づきました。このチャレンジに数人の友達と一緒に参加するのは楽しかったです。私たちはお互いに励ましあったんです!」

「基本いつも動物性の食材を使わないプラントベースの食事をしていますが、今回の10日間チャレンジのような機会があると、植物性材料オンリーでおいしく、しかも簡単に作れるレシピを考えるのはとても楽しくて、豊かなことだなと改めて実感しました! 肉食を減らすことは動物たちの苦しみを減らすことだけでなく、地球環境の悪化防止や、ひいては人間のたおやかな生活のためにも必須です。

これからもプラントベースの食事をもっと広めるために、このような企画を続けて欲しいなと思いました!」

「私と夫は以前にもプラントベースの食事を試したことがありましたが、10日間連続で続けるのは今回が初めてでした!料理のアイデアが付きてしまい大変でしたが、となりにヴィーガンショップがあるので、私たちは時々そのお店で購入しています。これからも少なくとも一日一食はプラントベースの食事を続けていこうと思います!今回のチャレンジは楽しかったですし、自宅で作成・料理できるメニューの投稿が他にもたくさんあります!」

パートナー団体・企業

プラントフォワードは、ACTAsiaのCompassionate Choices Network (CCN)に加盟する団体が主催し、国連の「持続可能な開発目標のための世界ウィーク・オブ・アクション」を支援するイベントです。CCNは、持続可能性、動物福祉、社会的平等を推進するためにアジア全域で活動しています。