9月17日~10月4日
Plant Forwardは、アジアにフォーカスした無料の国際イベントで、2週間にわたり6カ国でオンライン開催されます。
ActAsiaが立ち上げたCompassionate Choices Networkにとって、このようなイベントを主催するのは今回が初の試みです。
プラントベースのこのお祭りに、あなたもご参加ください!ライブセッションもお見逃しなく!

無料のチケットを申し込んでイベントに参加しよう

気になるセッションに参加して、思いやりのある選択をする世界中の人たちと繋がりましょう。

参加する

Read Chef Nana’s bio

Close

Chef Nana

「私たちは食べたものでできている。」
ビーガンになり、マクロビオティックを実践して一番良かったことは 「小さな事にも喜びを感じることができるようになったこと、そして どんなときにも心が平穏になったこと」とNana先生は言っています。17年前にシンガポールから日本に帰国し、それ以来マクロビオティックをベースとした様々なビーガン料理を教えています。今回のイベントでは一番人気である豆腐をベースとした料理を教えていただきます。どこの国でも手に入りやすい食材で、だれでも簡単に作れるレシピは皆さんに気に入ってもらえること間違いなしです!
Read Dr Evan Huang’s bio

Close

Dr Evan Huang

上海中医薬大学の黄宗瀚医学博士は、1995年に中医学の分野で専門的な研究を開始し、西洋医学での確かな経験を組み合わせ、徐々に臨床サービスを発展させてきました。 長年にわたり、漢方と西洋の統合医療や薬草システムを用いて病気を治し、患者の健康管理を支援することを専門としている。 ウォン博士は2008年6月に丁漢中医薬を設立し、現在はWHO世界中医薬研究所のメンバー、WHO世界鍼灸師連盟の国際鍼灸師、中国管理科学院ビジネススクールの客員教授を務めています。
健康な生活のために、植物性の食事で糖尿病を管理する方法について、黄医師が中医学と西洋医学の両方の観点から知識を提供します。
Read Chef Sayuri Kitaho’s bio

Close

Chef Sayuri Kitaho

アニマルライツセンターの食いしん坊スタッフ、北穂さゆり先生。 プラントベースの様々なレシピを考案し、ヴィーガン&エシカル情報サイトHachidory(アニマルライツセンター運営)に、“北穂さん家のヴィーガンご飯シリーズ”として掲載しています。北穂先生が講師を務めるヴィーガンキムチ教室は毎回予約でいっぱいの大人気のコースです。

Read Chef A-Jun’s bio

Close

Chef A-Jun

健康的なプラントベース料理の革新者であり、有名な中国人シェフのA-Jun先生は30年以上料理に携わってきました。過去15年間、プラントベースの料理への情熱を追求し、5年前に今の中国で「ヴィーガンヘルス料理」として知られている健康料理のイデオロギーを立ち上げました。ヴィーガンヘルス料理は自然や自然の食材を尊重し、食材が本来もっている自然な味わいを取り戻すことを目的としています。環境への悪影響を最小限に抑え、シンプルでバランスの取れた食事は身体へのストレスも少ないです。ヴィーガンヘルス料理は健康的で、低炭素で、持続可能な食事の実現を料理の世界にもたらしてくれました。

Read Dr Xu’s bio

Close

Dr Xu

Jia Xu先生のプロフィール

Jia Xu 先生は北京大学を卒業後、ジョンズ・ホプキンス大学医学部で生理学の博士号を取得されました。 高い評価を受けた「Not Medicine But A Cure」の著者でもあります。同書では、私たちの体が本来持っている自己治癒力を高めるために、プラントベースの食事が寄与することを強調しています。

2014 年から 2021 年までの講演会ツアーでは、中国の200 以上の都市を訪れ、18万人以上の人々に菜食主義の治癒力について講演を行いました。甲状腺疾患やパーキンソン病、女性の健康も学生の健康も、医療に頼らない治療法は私たちの食卓から簡単に手に入れることができることをJia Xu先生は示してくれています。

参加する

Plant Forward 2022は、国連のサステナブルアクションウィークの国際的な活動を支援するイベントです。

気になるセッションに参加して、思いやりのある選択をする世界中の人たちと繋がりましょう。

ActAsiaの Compassionate Choices Networkは、持続可能性、アニマルウェルフェア、社会的平等を推進するため、アジア全域で活動しています。私たちは、教育を通じて行動を促進します。

 

 

Supported by